エレクトリック・ギター

エレクトリック・ギター

エレキギター(電気Guitar)が変えるギター・ピックアップ(マイク)での電気信号へのひもの振動。
そして、ギターとシールド(ケーブル)付きのギター・アンプの主本体部をつないで
そして、どんなボリュームでも弾くができます。エレキギター(エレキギター)と呼ばれています。
効果器で音質を変えるために簡単であるので、いろいろな表現は可能です。
それが、いろいろなジャンルの音楽のために使われます。

ギターが2種類の後で本体の構造を続けることにざっと分類することができる電気。
ホロウボディギター
ソリッドボディギター


ホロウボディがバイオリンのような中空構造であるのに対して、固体にはホロウボディのような中空
構造がありません。エレキギターのモデルが通常のギターでピックアップを製造したので
固体ギターが歴史的により新しいと言われるかもしれません。
頭の形は、ざっとフェンダー・システムとギブソン・システムに分類されます。
頭に関しては、ストラトキャスターで見られるように、1歩は鍵盤側からフェンダー・システムで
類似とともに鍵盤側に落ちます。そして、最高1本の線に沿って並びます。
そして、釘に関しては、鋭いトーン・ストリング側は去るために多くの場合ナッツによって
頭の一方にあります。したがって、鋭いトーンひもが同じことであるので、ストリング・ガイドから成ります。
そして、ナッツと等しい見解は光になって、緊張を保つことができません。
他方、ギブソン・システムでレス・ポールの中に認められるように、頭は首のために角度を持ちます。
そして、緊張はこのように保たれます。そのうえ、釘は対称的に頭の両側にあります。